手術室看護師は男性が有利?

男性の手術室看護師:オペ室は活躍の場

手術室、いわゆるオペ室勤務の看護師が行う作業は、病棟勤務の看護師のそれとはかなり異なっています。 オペ室における看護師のもっとも大きな役割は、医師の支援を迅速且つ的確に行って、手術の進行を滞りなく進めることです。 病棟勤務と異なり、オペ室勤務の看護師は、患者さんと会話したりする機会はかなり少ない反面、病棟勤務ではまずやらない、「器械出し」や「外回り」といった仕事が中心になります。
保育園看護師の求人をお探しの方

器械出しとは、手術の際に医師が使用する器具を手渡す作業の事です。 よくテレビドラマ等でも目にしますが、現実の器械出しは更に複雑なものです。 オペ室看護師は、基本的に全ての診療科目の手術を行いますが、手術の器具は科目ごとに異なりますし、種類もそれぞれ種十種類存在するのです。

医師が器具の名前を言った時は、その器具を手渡すだけの状態でなければいけませんので、手術の状況を見ながら、次に要求される器具を察知して、自分の手の中に確保しておかなければなりません。 手術のプロセスを理解していなければ、とても出来る作業ではありません。

又、外回りとは、麻酔科医のサポートをしながら看護記録を書いていく作業がメインになりますが、手術の途中で急遽調達する必要が生じた器具の準備や、全身麻酔でなく局所麻酔を行っている手術において、意識がある患者さんから状況をヒアリングし、医師にその旨を伝えるという役割もあります。

中には痛いのを無理に我慢する患者さんもいますから、うまく聞き出す技術も必要になります。 そして、術前に用意した器具やガーゼの数を術後と確認するという大事な作業も手術室看護師の役目です。 もし患者さんの体内にそういったものを忘れてしまったりしたら大変な医療事故になります。

責任も重く、状況の先を読んだ瞬時の判断力が要求される仕事ですが、それだけに男性看護師のほうが適正があるという声が大きいのが事実です。 まさにオペ室こそ男性看護師にうってつけのワーキングフィールドと言えるでしょう。


夜勤を希望する看護師の転職は

ここにテキストを入力していきます。 勤務時間の希望理由には様々な事情があります。 育児や介護などを理由に日勤を希望する看護師さんがいる様に、何らかの理由で夜勤専従を希望する看護師が存在しても不思議ではありませんね。

夜勤専属の看護師の求人情報の数は、日勤専従のものより若干多いようです。 一般的に人気の高い日勤専従に比べて、人手不足に陥りやすい夜間専従にしぼって就職・転職活動をするのであれば、苦労は少ないのではないでしょうか。

しかし、町で見かける求人誌や新聞の求人欄など、自力で情報収集する事も可能ではありますが、どうしても集められる数に限界があります。 ケースによっては「知人の紹介を受けて、その知人が勤める病院へ夜勤専従で就職できた!」という事もあるようですが、もっと確実に有効な求人情報を集めたいところです。

また、夜間専従のみに絞った勤務時間を希望している理由を固めておく必要があるでしょう。 夜間専従の求人へ応募し面接に挑む際、多くの場合「なぜ夜勤を希望しているのか」と聞かれます。

就職・転職活動に慣れている人はほとんどいません。 多くの方が、求人選びや書類選考、面接の対策など、何らかの不安を抱えながら職場を探しているのです。 「書類選考をパスする事が出来ても、面接対策の甘さから採用をもらえなかった・・・」 という自体を防ぐためにも、看護師のための転職支援サイトの利用を検討してみましょう。

看護師の転職支援サイトでは、転職活動のプロフェッショナルであるコンサルタントがあなた自身の希望・アピールポイントなどを把握した上でよりマッチした求人情報を紹介してくれます。 また、履歴書作成や面接への対策など、不安がある点には無料でアドバイスを行ってくれます。

さらに、就職後のキャリアアップに関する相談や転職先での相談まで、きめ細やかなフォローで転職活動をより実りのあるものにする事が出来るでしょう。 夜勤専属に絞った就職・転職活動を行うのであれば、こうしたサービスを賢く活用するべきといえるのではないでしょうか。