企業看護師を目指すキャリアアップ

企業看護師として就職するには

看護師の勤務先として、今人気が高いのが企業看護師です。一般的に「産業看護師」「企業看護師」「健康管理室の看護師」とも呼ばれている仕事です。

企業看護師は、一般の企業の従業員の健康管理にたずさわる仕事です。 具体的な仕事としては、健康診断のお手伝いをしたり、企業医師からの指示に従って治療の補助を行ったりします。 怪我や病気の応急処置的な仕事もあります。

こうした企業看護師は、大手の企業には正社員として90%以上常駐しているのですが、中小企業となると置いていないことが多かったり、パートなどの非常勤として雇うなどしている場合が多いという事情があって、現在の企業看護師の求人は、他の医療看護師に比べると非常に少ないといっていいでしょう。

また、一般企業と同じ待遇で夜勤や休日出勤といったものも基本的にありませんから、家庭を持っている人の場合、医療看護師よりもやりやすい環境になるため、非常に人気があります。

企業看護師の採用は、実務経験者の方が有利です。 新卒で看護師免許を持っているからといっても企業側からするとある程度キャリアがあって、即戦力になってもらいたいというニーズが強いので、なかなか難しい面があります。

健康診断を行った場合には、そのデータ管理や報告書作成、個人への診断結果の作成など、ほとんどがパソコンで作成します。 医療機関で使用するパソコンソフトと、一般企業で使用するソフトは違います。

企業看護師を目指している人は、あらかじめパソコン教室などに通って、スキルアップを心がけましょう。 とくにワードとエクセルは基本中の基本として使い慣れておくことが大切です。

企業看護師の求人情報は、一般病棟の看護師の求人に比べると非常に少ないため、情報アンテナを多数張りめぐらせておく必要があります。 企業看護師の求人は、非公開になっていることも多く、そのため複数の転職サイトに登録して、各社がそれぞれ持っている非公開情報を収集してチェックすることが大切です。

40代の転職は難しいのか

40代というと一般的に転職が難しくなる年代です。 手に職があるから看護師なら楽なのでは? などと思われがちですが、どの職業でも同じように難しい部分はあるようです。 ただ、看護師としての経験値の高さから、いきなり「管理職」というポストで転職できる可能性もあるようです。

「40代に求められる要素とは」

人としての経験も豊富になる年代ですが、40代の方の看護師転職では、経験やスキルの高さになるようです。 その他に求められるのは、どの職業でも同じですが、人間関係をうまくやっていけるかということだと言われています。

転職できてもその中に年下の先輩がいますし、上司との関係もうまくこなさなければなりません。そこでは初心者なのですから。 経験値の高さでは臨機応変に対応できるかというのも求められてくるようです。

若い方には真似できない、機転を働かせての対応ができるかということです。 転職先では覚えることもたくさんありますし、その中で出しゃばらない、反抗的にならない、口出しが多すぎないというのも望まれるようです。

「40代で転職成功につなげるために」

40代看護師に求められているのは以下となります。

1. 経験豊富であること
2. コミュニケーション能力が高いこと
3. 経験から臨機応変に対応できること
4.職場内での人間関係をうまくやっていけること

一番大切なのは、人間関係をうまくやっていけることかもしれません。 入職したては特に注意が必要となります。

「この年代だからこそ好きなスタイルで働くことができる」

経験が豊富、臨床経験も豊富ということ。 それからお子様もある程度成長しているということから、好きなスタイルで働くことができるのが40代です。

最前線ではなく残業もなく、というのなら「CRC」や「訪問看護」という働き方も有ります。 年齢的にも腰痛を抱えていたり体力に自身がなくなったと思われる方には良いかと思います。

まだまだ勉強したいという方は研修制度が豊富な「大学病院」「総合病院」という選択肢もあります。この年代なら単身赴任できないこともありません。


手術室看護師-平均年収は?
企業看護師として就職するには